奥様鉄道69 大阪

06-6648-7748

受付時間/7:00~24:00

めぐみ【東京店】の日記

★十三駅のご主人さま★

07月17日 23:51
 
 
大変遅くなりましたが、昨夜はメグをエロティックデートにお誘いいただき、ありがとうございました♪♪♪(`)♪♪♪
 
 
 
 
 
ご出張でお疲れのところ、メグに愛に来られたご主人さま。
 
 
ホテルに行く道中、ヘロヘロモードでしたが
 
 
 
 
 
 
 
 
『うっ うふんっ あんっ』
 
 
 
 
 
 
 
 
ご主人さまの見開いた眼には、誰が見てもすぐに分かるような淫欲の色がありありと浮かんでいた。
 
 
興奮しきったご主人さまのシンボルをドキドキしながら横目で覗き見した。
 
 
天に向かって力強く聳え立っているシンボルは旦那以上に逞しい筋肉をつけており、また長さもあり、グンと反り返っている肉幹が何とも卑猥だった。
 
 
ご主人さまの身体にはとても似つかわない代物で、もう年もセックスをしていないメグにとって、それはあまりにも衝撃的なモノだった。
 
 
 
 
 
 
 
「ああ柔らかくて、とっても厭らしい」
 
 
 
 
 
 
 
立ったまま、背後からモミモミと入念に乳房を揉みまわしてくるご主人さま。
 
 
ムクッと起き上がってきた乳首にも触れながら、じっくりとネチッこく豊乳を揉み上げてくるご主人さまの手に、メグは軽く翻弄されはじめた。
 
 
執拗におっぱいを揉まれ続ける手そして、それによって沸々と込み上げてくる淫靡な感覚―――。
 
 
手から伝わってくる肉棒の強靭さと激しい熱。
 
 
その存在を感じてしまっては、否が応でもセックスを意識せずにはいられない。
 
 
さらには、ハアハアと吐き出しているご主人さまの荒い息が耳やうなじを刺激し、もうメグ自身、この状況に堪らなくなってきた。
 
  
背徳感に駆られながらも、その裏では卑しい感情が少しずつ膨らんでいました。
 
 
 
 
 
 
 
『ふ、ふう~ん』
 
 
 
 
 
 
 
そして、お風呂に入ってからベッドへ。
 
 
メグを仰向けに組み敷き、両手でおっぱいを揉んで先端の突起物をチュウチュウと吸い立てるさま。
 
 
 
 
 
 
 
優しくて、繊細な愛撫―――。
 
 
 
 
 
 
 
このとき ご主人さまは、もうオスの本能だけでメグに挑みかかっていたのだろう。
 
 
まるで乳飲み子のように乳首を吸い、懸命におっぱいの膨らみを揉みながらソロソロと片手を下半身のほうへ伸ばしていく。
 
 
股間にある濃厚な女の茂みをサワサワと指で触り、おそるおそる先の割れ目へと進んでいくご主人さまの手。
 
 
 
 
 
 
 
『ああっ あぁぁぁぁぁぁああんっ』
 
 
 
 
 
 
 
すでにアソコをぐっしょりと濡らしてしまっているメグ。
 
 
更にご主人さまはメグの身体を嘗め回す。
 
 
 
 
 
 
 
 ……………
 
 
 
 
 
 
 
おぞましい感覚も次第に薄くなっていく中、ご主人さまの指がヌラついているアソコの亀裂をススッと撫でていく。
 
 
ご主人さまが必死になって割れ目の周辺に指を這わせていく。
 
 
チュパチュパと乳首を吸い、憤った自身のシンボルを強く太股に押しつけながら、もうどうしていいか分からないといった感じで、手のひら全体を割れ目にあてがってモミモミと揉んでいた。
 
 
 
 
 
 
 
『あっ、ああっそう、あっん』
 
 
 
 
 
 
 
いじらしくも、メグの気持ちに沿うよう必死になって愛撫をつづけるご主人さま。
 
 
メグはひっそりと軽い絶頂を何度も迎えていた。
 
 
その度に、ジュワーーーーーーーーーーッと潮が噴く。
 
 
シーツがビッショリになり、初めて潮吹きを見たというご主人さまは興奮状態がヒートアップしてきた。
 
 
メグは、いきり起ったモノを根元から先までソワソワと摩っていた。
 
 
 
 
 
 
 
ズチャ、ヌチャ、クチャ、ズチャ―――
 
 
 
 
 
 
 
肉棒を摩る卑猥な音。
 
 
それがメグの感情をいっそう淫らに揉み上げていった。
 
 
ご主人さまは、徐々に腰の動きを感情的なものへと変えていった。
 
 
せわしくなっていく手の動きに合わせ、愉悦の波もだんだんと大きくなっていく。
 
 
 
 
 
 
 
「あああああうう」
 
 
 
 
 
 
 
ご主人さまは、呻き声を洩らしながら、腰をブルブルと痙攣させた。
 
 
すると、メグの手に熱いものが一気にかかり、ドクドクドクっと精液が噴火した。
 
 
メグもその量と勢いに驚いた。
 
 
その股間では、いまだ萎えることないイチモツが天高々とその切っ先を向けてユラユラと卑猥かつ不気味に揺れていた。
 
 
 
 
 
 
 
ご主人さまとの初☆デートのお礼が遅くなってしまい、ゴメンなさいね(≧∇≦)
 
 
待ち合わせに迷々しましたが、なんとか合流できて安心シマシタ(^_^*)
 
 
お互いに土地勘がなかったので大変でしたが、ご主人さまも関東の方だったんですね(*^_^*)
 
 
多分、ご主人さまの良い決断ができることを期待できそうデス(*^o^*)
 
 
お疲れのようでしたが、どうか体調崩されないようお身体ご自愛くださいませ~☆
 
 
股、ご主人さまに再会できることを楽しみにしております((((゚▽゚))))
 
 
誠意を込めて…
 
 
 
 
 
 
◎大胆に激しく妖艶な雰囲気がたまらない。美魔女っ子メグ◎

★尼崎駅のご主人さま★

07月17日 10:54
 
 
大変遅くなりましたが、昨日はメグをエロティックデートにお誘いいただき、ありがとうございました(・∀・)U+3327クス!
 
 
 
 
 
 
ホテルに入る前に欲求不満が弾けたかのようにドラェラ。
 
 
乳首を触るとコリコリなのがわかる。
 
 
そして、しかもーパンーブラだ。
 
 
ご主人さまの肉棒は、一気に勃起した。
 
 
その感触がわかったメグも左手ですかさず摩った。
 
 
お互い脱がしあっこして、メグはご主人さまの肉棒を銜えた。
 
 
銜えたままメグが身体を反転させてきた。
 
 
意図はわかった。
 
 
互いに、ということだ。
 
 
股間がご主人さまの顔を跨いで黒い被いが開かれ、赤い裂口が現れた。
 
 
陰核は皮を弾いて濡れ光っている。
 
 
舌でそっと触れる。
 
 
 
 
 
 
 
 
『うっ』
 
 
 
 
 
 
 
 
一瞬引いた秘部が押しつけるように落ちてきた。
 
 
噎せ返る淫臭。
 
 
尻をかかえて豆を捉えて舐め上げた。
 
 
 
 
 
 
 
 
『ううう!いい!』
 
 
 
 
 
 
 
 
根元までねじ込んだ。
 
 
 
 
 
 
 
『ああ、いやん』
 
 
 
 
 
 
 
 
入れたまま親指を腟口に入れて挟んだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
『ああっ、感じる』
 
 
 
 
 
 
 
 
ペスを離してのけ反った。
 
 
なおもぐりぐり攻める。
 
 
 
 
 
 
 
 
『あぁ~~~~~~ 気持ちイイ!!』
 
 
 
 
 
 
 
 
這うように前にのめって指が抜けてうつ伏せになったメグは素早く起き上がった。
 
 
 
 
 
 
 
 
『あぁぁんっ感じちゃった』
 
 
 
 
 
 
 
 
子どものような口ぶりで言い、真顔である。
 
 
 
 
 
 
 
上体を反らしたことで局部は締め込まれ、急激な高まりがきた。
 
 
徹底的なフェチオの後である。
 
 
メグはご主人さまを見おろしながらひたすら動いた。
 
 
腿を締めつけたまま上下しているのだ。
 
 
頂点を目指す形相は恐ろしいほど歪んでいた。
 
 
ペスはメグの太腿に扱かれつづけ、
 
 
 
 
 
 
 
 
『うっうっうっ』
 
 
 
 
 
 
 
 
身体を沈める度にメグは低い声を出す。
 
 
そして、軽くイク度 潮が吹き出た。
 
 
 
 
 
 
 
ブシュジュワーーーーーーーーーッ
 
 
 
 
 
 
 
 
「めぐみさん、もう」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『いいわよ、イッテ メグもイケるから』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「うう」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メグに抱きついてご主人さまも猛然と突き返した。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「イク!」
 
 
 
 
 
 
『イク!イク!イク』
 
 
 
 
 
 
ほぼ同時に口走っていた。
 
 
たしかな蠢きに包まれたペスから磁力を帯びた快感の粒子が飛び散った。
 
 
 
 
 
 
 
 
『きっ気持ちイ』
 
 
 
 
 
 
 
 
「めぐみさん」
 
 
 
 
 
 
 
メグの熱い息が耳をくすぐった。
 
 
 
 
 
 
 
ご主人さまとの初☆デートのお礼が遅くなりまして、ゴメンなさいねm(_ _)m
 
 
ホテル難民になりそうで最初焦りましたが、待合室でのエロエロプチ野外プレイ?!で、何度も寸止めしちゃって…
 
 
ずっとエロエロモーション全開で、お互いいっぱい気持ちよくなりましたね~(*゚▽゚*)
 
 
お後のトークでは、ご主人さまにとって懐かしい“ブルドッグソース”に今年ナンバーの盲点で大ウケでしたねー!
 
 
今日会社で“ブルドッグソース”ネタで盛り上がってくださいな(笑)
 
 
まだまだ暑い日が続きますが、お身体ご自愛くださいませ(*^_^*)
 
 
股ご主人さまに再会できることを楽しみにしております(^_-)-☆
 
 
愛情を込めて…
 
 
 
 
 
 
 
◎指先が奏でるソフトでイヤらしいボディタッチ!美魔女っ子メグ◎