奥様鉄道69 大阪店

06-6648-7748

受付時間/7:00~24:00

めぐみ東海店の日記

★ご自宅のご主人さま★

07月08日 22:55
 
 
大変遅くなりましたが、昨夜はメグをエロティックデートにお誘いいただき、ありがとうございました゚+(人・∀・*)+。アリガト♪
 
 
 
 
初めて降りる駅でエッチング人妻の高速デリバリー…
 
 
しかもの破廉恥姿のメグ。
 
 
もうソレだけでイッてしまいそうな勢いで…
 
 
開放感たっぷりで気持ち良さも一入ながらもご自宅に直行!
 
 
夜の住宅街でをしてすぐに興奮しちゃって、
 
 
潮が噴き溢れそうになった・・・
 
 
その後、ご主人さまはメグの身体をゆっくりとベッドに沈めると、膝の裏側に腕を入れて、秘部を目の前に晒け出すような格好をさせた。
 
 
 
 
 
 
 
『っぁはん!』
 
 
 
 
 
 
 
秘裂を一撫でされて身体中に痺れるような刺激が走り、思わず身体を仰け反らせた。
 
 
 
 
 
 
 
『っふぁん』
 
 
 
 
 
 
ヌラヌラとふしだらな蜜が、ご主人さまの指先にまとわり付いた。
 
 
それをワザと、メグの目の前で舐め取って見せる。
 
 
紅い舌先で指を舐める様は、これから起こる行為を想起させて何とも淫靡でいやらしい。
 
 
 
 
 
 
 
「まだ何もしていないのに、もう溢れてきているな・・・」
 
 
 
 
 
 
ご主人さまの瞳は、メグの恥態を静かに映し出している。
 
 
見られているという羞恥が、メグを淫らに欲情させていく―‥
 
 
 
 
 
 
 
『っ―‥』
 
 
 
 
 
 
 
焦らすだけ焦らされて、ご主人さまの指技でイかされる――もう何度そうされたことだろう?
 
 
 
 
 
 
 
『っぁ―‥』
 
 
 
 
 
 
 
「――此処か」
 
 
 
 
 
 
 
ご主人さまは花芯を爪で弄びながら、蜜の滴り落ちる源泉に指を深く沈めていく。
 
 
長く節くれ立った指に蜜壺を掻き回されながら、身体は快感に咽び啼く――
 
 
 
 
 
 
 
くちゅっ 
 
 
 
 
 
 
 
淫らなメグの蜜音は、室内に響き渡る。
 
 
理性はご主人さまの指技によって薙ぎ払われて、欲望に身体中が満たされてしまっている―‥
 
 
 
 
 
 
 
『あっぁんっ』
 
 
 
 
 
 
 
ご主人さまによってもたらされる快感は、何も考える余地などなくなってしまう。
 
 
それなのに―‥
 
 
 
 
 
 
 
『っぁあん!』
 
 
 
 
 
 
 
メグの身体の隅々まで余すことなく知っている、誨淫な指――
 
 
身体の奥に燻っていた残り火が疼き出す。
 
 
っ、やだっ…
 
 
ご主人さまに欲情した自分を見抜かれて、身体中が熱くなった。
 
 
それでも尚、身体ははしたなく欲情する。――貪欲に。
 
 
 
 
 
 
 
「エロイ身体だな」
 
 
 
 
 
 
 
ご主人さまの手がメグの太股を伝った。
 
 
 
 
 
 
 
 
『!!』
 
 
 
 
 
 
 
口許に、加虐の色が浮かんでいた。
 
 
ご主人さまは視線を前に向けたまま、割れ目を浮き上がらせるようにぐいと上に上げた。
 
 
 
 
 
 
 
『っはっ!』
 
 
 
 
 
 
 
ご主人さまはぐいぐいと割れ目に指を食い込ませていく。
 
 
室内には、徐々に荒くなっていくメグの息遣いだけが響いた。
 
 
 
 
 
 
 
『〜〜〜っ』
 
 
 
 
 
 
 
意思に関係なく反応する浅ましい身体は、いくら頭で肉欲をを振り払っても容易くご主人さまによって崩される。
 
 
 
 
 
 
 
『はぁっ』
 
 
 
 
 
 
 
きゅうっと割れ目に食い込ませて、女芯がヒクついていた。
 
 
もっと刺激が欲しいと、身体が啼いている
 
 
―― 
このまま――‥
 
 
 
 
 
 
 
「うわっ」
 
 
 
 
 
 
ご主人さまの刺激の壺を突いたのか、それからエロモードが白熱した。
 
 
一気に裸になった二人はベッドになだれ込み、身体を縺れ合わせた。
 
 
唇が…下半身が…くちゅくちゅと厭らしい音を響かせながら
 
 
 
 
 
 
 
「うわっ気持ちイイっ イクッ」
 
 
 
 
 
 
 
メグを跨って素股をし瞬く間に発散した。
 
 
 
 
 
 
 
『んぅっふ』
 
 
 
 
 
 
 
胸が掌で弄ばれ、口唇が肌を滑り、舌先に口腔を侵される。
 
 
律動を加速させたご主人さま自身は、メグの内壁を余すことなく擦りあげて――
 
 
 
 
 
 
 
『あぁっ!はっっんぁっん!!気持ちイイ〜〜〜〜〜っ』
 
 
 
 
 
 
 
心も身体も、全身でご主人さまを感じながら、悦喜してわなないた。
 
 
 
 
 
ご主人さまとの初☆デートのお礼が遅くなってしまい、本当にゴメンなさいね(*≧∀≦*)
 
 
いつもいない人がいるし、エロそうだしって初奥鉄でメグを選んでくださり、めっちゃ嬉しかったデス(((o(*゚▽゚*)o)))♡
 
 
聞けば関東からこちらへ出張で、もう期間終了で帰られるということで、思い出作りにって…
 
 
終始とても優しくてお気遣いいただき、すぐにメロメロになっちゃった\(//∇//)\
 
 
あのお飲み物めっちゃ美味しかったデス(・∀・)
 
 
ご馳走さまデシタ♪───O(≧∇≦)O────♪
 
 
帰りのタクシー代までありがとうございましたm(_ _)m
 
 
メグのDVDが出たらぜひご覧くださいね〜(^_−)−☆
 
 
大変な時期ですが、どうか体調崩されないようお身体ご自愛くださいませ〜☆
 
 
股、ご主人さまに再会できることを楽しみにしております(((o(*゚▽゚*)o)))♡
 
 
感謝を込めて…
 
 
 
 
 
 
 
 
◎貴方の脳天を直撃するような快感を美魔女っ子メグ◎

★谷町九丁目駅のご主人さま★

07月08日 18:54
 
 
大変遅くなりましたが、昨日はメグをエロティックデートにお誘いいただき、ありがとうございました|o´艸)。oO(Thank you)
 
 
真昼間のエロリストの快感飛行。
 
 
天然サウナで蒸し暑い日の待ち合わせ。
 
 
ホテルに向かうご主人さまのエロ鼓動が早く早くと急がせた。
 
 
部屋に入るとメグを何から料理してやろうとギラギラするご主人さまの目が光る。
 
 
座椅子に座ったとたん、メグの厭らしいおっぱいを弄り始めた。
 
 
感じているメグを見て、ご主人さまは不敵な笑みを浮かべた。
 
 
服は脱がさない。
 
 
もちろん暴力もなし。
 
 
ただただ、メグに恥辱を与えてやりたかった。
 
 
(追い詰めた分の報いを受けさせてあげる)
 
 
 
 
 
 
 
 
『あんっ!』
 
 
 
 
 
 
 
 
ご主人さまの指がパンスト越しにグッと蜜壺に押しつけられるとメグの身体は敏感に反応した。
 
 
メグの声を無視してしばらく股間と太ももを撫でたり、舐め回したりしていると、あっという間にパンストからエロ汁が垂れてきた。
 
 
 
 
 
 
 
 
『あひぃあふぅ』
 
 
 
 
 
 
 
 
従順なメグは自分が罠に嵌められているとも知らずに喘いでいた。
 
 
ご主人さまは、やや乱暴にメグの股間を擦り続けた。
 
 
メグはたまらず腰をくねらせながら言った。
 
 
 
 
 
 
 
 
『あ、噴きそう』
 
 
 
 
 
 
 
「イケッ!!」
 
 
 
 
 
 
 
更にご主人さまの指が加速する。
 
 
 
 
 
 
 
『あっ 濡れちゃう ダメ』
 
 
 
 
 
 
 
ご主人さまはお構いなしに電マをメグの股間に押し当てた。
 
 
 
 
 
 
 
『あっ! ダメ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ』
 
 
 
 
 
 
 
背中からメグの悲鳴が聞こえてきた。
 
 
グリグリと電マを押し当てる。
 
 
メグは必死に藻掻いて何とか逃れようとするが、全体重を乗せてマウントしたご主人さまは平然と作業を続行した。
 
 
 
 
 
 
『ひぃぃ!!!イクっイッ!』
 
 
 
 
 
 
「ほらっ!」
 
 
 
 
 
 
『イクッ!イク、イクッ!!!』
 
 
 
 
 
 
ものすごい力がメグの身体を下から突き上げた。
 
 
バランスを崩しながらも体勢を立て直したご主人さまはさらにミニ電マ攻撃を続けた。
 
 
 
 
 
 
 
『いやっ!イッたばっかりなのにぃ!!!』
 
 
 
 
 
 
 
元々敏感な体質なメグは、この電マの制裁を受け続けることになった。
 
 
 
ご主人さまとの初☆デートのお礼が遅くなってしまい、本当にゴメンなさいね(*≧∀≦*)
 
 
初対面でも自然と打ち解けられ
いつの間にか夢見心地に…
 
 
M男クンだったのでメグのS心が炸裂し
興奮しぱなっしに(*^ω^*)
 
 
脳の奥底まで解らなくなるくらい
めいいっぱい満たしていただきました(o^^o)
 
 
暑くなってきたけど不安要素たっぷりな今日この頃ですが、どうか体調崩されないようお身体ご自愛くださいませ〜☆
 
 
股、ご主人さまに再会できることを楽しみにしております☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
 
 
誠意を込めて…
 
 
 
 
 
 
◎献身的かつ痴女の一面ありの熟女の鑑でサービス精神旺盛なエッチ奥様♪美魔女っ子メグ◎
 

★岸和田駅のご主人さま★

07月08日 18:45
 
 
遅くなりましたが、昨日はメグをエロティックデートにお誘いいただき、ありがとうございました゚+(人・∀・*)+。アリガト♪
 
 
 
ワンピースの下のには、マイクロビキニ&ガーターというエロイ姿とは…
 
 
ソファに座るとメグの服の上から◯首がピクンと立てっていたのがバレたのか、すぐにクリクリと触られ感じちゃったメグ。
 
 
マイクロビキニをずらしたら、いかにもエッチなおんこなのとお喋りしそうな厭らしいメグのお◯んこ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
すでにもうメグのアソコがグチュグチュで
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『あっ!ぁぁぁあ、はぁはぁ、ん!ん!いや!んぁああああ!』
 
 
 
 
 
 
 
 
ご主人さまの繊細な指の動きで潮が出ちゃった!
 
 
メグもご主人さまの硬くなった肉棒をメグのお口で丁寧に洗い、
 
 
チュパチュパ、ジュルジュル!
 
 
そのアツくなった身体のまま、ベッドで大股を広げられたメグ。
 
 
ベッドに入ってからも何度もご主人さまの指使いと舌にされて、イカされまくったメグ。
 
 
それに加えローターで、更にメグはおかしくなる位、気持ちよくなってグッタリしてしまった。
 
 
それでも、ご主人さまのビンビンの肉棒を物欲しそうに握って、
 
 
パクッと咥え、ジュルジュル音をたてストロークを始めた。
 
 
 
 
 
 
 
 
ジュポッジュポッ!ジュポッジュポッ!
 
 
 
 
 
 
 
 
淫らな音が部屋に響く。
 
 
 
 
 
 
 
 
『ん〜っ!ン〜っ!!!』
 
 
 
 
 
 
 
肉棒はメグの喉まできていた。
 
 
口の端からは、よだれが溢れポタポタ落ちた。
 
 
 
 
 
 
 
 
「あ〜きもちいっ!あ〜イク!」
 
 
 
 
 
 
 
 
肉棒は口の中でひときわ大きくなり精液を吐き出した。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ドピュッ!ドビュッ!ドビュッ!ドビュッ!ドビュッ!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジュポンッ!はぁはぁ!
 
 
 
 
 
 
 
 
勢い良く肉棒を抜かれるとメグの口からは糸を引いていた。
 
 
 
 
 
ご主人さまとの初☆デートのお礼が遅くなってしまい、本当にゴメンなさいね≧∀≦
 
 
お電話でのやり取りから、既に親近感を抱いていましたが、実際にお愛したらとてもおおらかで素敵な方(o^^o)
 
 
優しさにエロさに…
お時間中とにかく
あらゆるホルモンが大噴出しました\(//∇//)\
 
 
そして、早くからご予約ありがとうございましたm(_ _)m
 
 
股、ご主人さまにお愛できることを楽しみしております(*≧∀≦*)
 
 
誠意を込めて…
 
 
 
 
 
 
 
◎貪欲までにエロを追求する奥様♪美魔女っ子メグ◎